役員・管理職のための
会議ツール

動画を観る
iPad

ウェブ会議サービスの市場リーダー

BoardvantageのMeetXは、役員や管理職のコミュニケーションにペーパーレス化をもたらす市場のリーダーです。

Meetx Pyramid

Boardvantageは世界50カ国で信頼され、フォーチュン500社の半数が利用しています。

  • エグゼクティブが必要とする資料に、直感的にアクセス

    • 会議の生産性を高めるために

      MeetX(ミートX)は、ウェブ会議の複雑なプロセスに配慮して、生産性を高めるサービスです。会議の成果を上げるためには、多くの情報を受け取るエグゼクティブに対し、会議の内容のみならずその背景を伝えることが重要です。しかしながら今日の役員会議では、必ずしもこのニーズが満たされていません。MeetXは現在の会議をこれまでの会議の流れの中で表示し、アジェンダに添って関連書類を提示します。

    • 移動中も仕事を継続

      MeetXは、仕事を途切れさせずに継続するための、さまざまなツールを揃えています。例えば、イニシアチブに対する承認や契約書への電子署名から、遠隔会議でのプレゼンやカンファレンスコール、一対一のコミュニケーションに必要とされる安全なEメールやコメントの共有まで。こうしたツールを使って、移動中も仕事を進めることができます。

    • 役員・管理職のための専用ツール

      役員・管理職のニーズに応えるさまざまなツールを使って、エグゼクティブがより明確にプロセスを把握できるようにします。また、共通の理解を得ながらタイムリーに成果を上げられるようお手伝いします。

  • MeetX概要

    MeetXの動画を観る

  • 機能

    • チームスペース

      チームや役員・委員会等により、コンテンツを分別

    • ミーティングセンター

      全会議に即時アクセス

    • アノテーション(書き込み)

      メモや書き込みを共有

    • 文書の共同編集

      編集、バージョン管理、通知

    • アプルーバル(書類の承認)

      あらゆる承認を簡単に行える各種ツールを装備

    • Eシグネチャー(電子署名)

      iPhoneやiPadからも署名

    • プレゼンターモード

      会議の流れを向上

    • ブランディング(自社仕様)

      全体を通じて、自社ロゴやカラーを使用

    • 認証

      二要素認証 – PINコード、タッチIDおよびSMS

    • リモートパージ(遠隔データ削除)

      万が一デバイスが紛失盗難にあった時に

    • オートシンク

      オンライン、オフラインでシームレスに使用

    • セキュアEメール

      機密性の高いメッセージも安全に送受信

    • バッジ通知

      タスクの書類を視覚的に通知

    • 保管

      文書、ファイル、フォルダー

    • ディレクトリー

      連絡先、略歴情報にすぐアクセス

    • デプロイメント

      ホストサービスまたは現場でのインストール

  • よくあるご質問

    • 1. MeetXは、どのように会議の生産性を高めますか?

      会議に必要な書類は、自動的に配布されます。関連書類はアジェンダに添って提示され、現在の会議をタイムライン(会議履歴)の中で表示します。今日の役員会議が求めるニーズに応え、生産性を高めます

      2. 移動の多いエグゼクティブや役員に、MeetXはどのように役立ちますか?

      イニシアチブの承認、契約書の電子署名、遠隔での会議参加、安全に一対一のコミュニケーションが図れるチャット機能など、会議を円滑に行うためのさまざまな専用ツールを備えています。

      3. MeetXの安全性は?

      MeetXは第三者からのアクセスが一切ない、極めて安全性の高い堅牢なデータセンターによりホストされています。また、完全暗号化、多要素認証・証明を採用しています。お客様のコンテンツはここに保管され、個別のキーで暗号化されます。この保護されたデータには、お客様が承認したユーザしかアクセスすることができず、Boadvantageのシステムアドミニストレータでさえも内容を閲覧することはできません。

      4. 証拠開示にはどのように対応しますか?

      お客様のコンテンツは、御社の~保存方針に従って、お客様に管理いただきます。役員はメモを永久削除することができます。あるいは法律顧問が遠隔から削除することも可能です。なお、削除された文書やメモは回復できません。

      5. 文書へのアクセスをどのように制御できますか?

      職務に基づく許可制(ロールベースアクセス制御)によって、アドミニストレータがアクセス権を付与・制限することができます。これには委員会や個人の印刷や保存オプションも含まれます。フォルダーや文書はもちろん、会議用資料書類などの特定のセクションごとにアクセス制御をかけることも可能です。

      6. どのようにして異なるチームごとにコンテンツを分別しますか?

      コンテンツは異なるチームスペースに分別されます。チームスペースは、各チームやイニシアチブの中心的な役割を果たします。ユーザは明確な許可を得たコンテンツにしかアクセスできないため、コンテンツがチーム外で不用意に共有されるリスクは極めて低いと言えます。

    • 7. Wi-Fiに接続できない時はどうなりますか?重要なコンテンツにどのようにアクセスできますか?

      MeetXは、オフライン中でも文書の閲覧や書き込みが可能です。ネットワークへの接続が回復すると、オフライン中に更新された内容はすべて、自動的にサーバーに同期されます。ユーザ側の操作は必要ありません。

      8. アプリケーションを自社のロゴやカラーでカスタマイズすることはできますか?

      はい、可能です。御社のロゴやカラーを使って、アプリケーションにブランド色を持たせてください。

      9. 秘書役/総務担当重役には、どのようなメリットがありますか?

      ワークフロー、直前の更新や通知のワンクリックサポートを使って、会議用文書の作成や配布が簡単に行えます。また、書面での同意や電子署名、役員の自己評価など経常的なプロセスは自動化する一方で、臨時会議への素早い対応能力も備えています。

      10. 直前の修正変更にはどのように対応できますか?

      文書はネイティブフォーマットで編集され、変更履歴を表示する修正変更機能を備えています。バージョン機能により文書履歴が記録され、シングルクリック文書差し替え機能を使えば、デスクトップから直接更新することができます。こうした変更内容は自動的に同期され、役員のブリーフケースにフラグをつけて、次のログイン時に通知されます。

      11. 導入に関する選択肢にはどのようなものがありますか?

      MeetXは、カリフォルニア州、ニュージャージー州、アムステルダム、シンガポール各所の、Boadvantageデータセンターで安全にホストすることができます。御社の方針が機密データの外部ホスティングを禁止する場合は、MeetXポータルを社内にインストールすることが可能です。

      12. 始めるにはどうすればよいですか?

      役員やエグゼクティブの皆様には、ご都合のよい時に、30分のマンツーマントレーニングを受けていただいております。サポートにつきましては、世界各地のサポートセンターで、Boadvantageのスタッフが24時間365日対応いたします。

  • 多くを学ぶために、米国のウェブサイトをご覧ください